/ / DHC Q10クイックカラートリートメント みんなの感想まとめ

DHC Q10クイックカラートリートメント みんなの感想まとめ

Pocket

総合評価4.0

持続性が物足りないが、しっかり染まる

推定予算 平均3,086円 1,642~5,477円 /月
使用頻度 人により3日に1回
使い方 シャンプー後、軽くタオルドライしてから塗布。
レビューアー 3人)

初回は10分、その後は5分・・・が売り文句のDHCの白髪染めトリートメント。

たったの5分で思った以上に染まる

まさか5分で?と3人のレビューアーさんも疑いの気持ちで使い始めたようですが、3人とも短い時間の割に、しっかり染まった点については好評価でした。

過去いろいろな商品を試しましたが、この手軽さでこの染まりはなかなかないのでは?(まよまよさん)

初回使用“前” まよまよさん

初回使用“後” まよまよさん

推奨放置時間が短いことで、正直「染まらないのでは?」と全く期待はしていなかったのですが、良い意味で期待を裏切られました。(アンジーさん)

初回使用“前” アンジーさん

初回使用“後” アンジーさん

意見は分かれるが、色の持続性には不満を感じる傾向

アンジーさん一人は色の持続性には満足していましたが、他2人のレビューアーさんは不満が残ったようです。

色落ちは早いです。3日めくらいから色落ちを感じます。人によっては色が持たないと不満が残るかもしれません。(まよまよさん)

使用直後 まよまよさん

3日経過 まよまよさん

これまで白髪染めトリートメントのクリームタイプは、様々な商品を試しましたが、「色の持続性」に関しては普通かなと感じました。(バカラさん)

たったの5分という短い時間で、簡単と言っても、回数が増えれば、結局は面倒なだけという意見も。

通常のコンディショナーを使うのとは違い、放置時間が短くても、床などへの着色が無い様にどこか気にしてしまいます。そのため、バスタイムでのリラックス感が半減してしまいます。それなら放置時間が長くとも、持続性がある商品のほうが私は助かります。(バカラさん)

シャンプー後が使いやすいかは人による

通常白髪染めトリートメントは、シャンプー前の乾いた髪とシャンプー後しっかりタオルドライをしてからと、2パターンの使用方法がありますが、この商品はシャンプー後、簡単にタオルドライしてからの使用のみです。

珍しいですね。詳しくは後述していますが、今回のDHCの商品のように、シャンプー→トリートメントと一連の流れが使いやすいと感じるか、はその方による印象です。

使用方法が至極簡便で洗髪のルーティーンに組み込めるので、私の場合は2~3日おきでも全く負担に感じません。(まよまよさん)

シャンプー前のほうが、お風呂に入る前に塗布し、その後家事をしながら放置したほうが使いやすいと感じる方もいます。この点がリピートするか分かれるところかと思います。

私個人的にはシャンプー前に塗布し、時間がきたらお風呂に入ってシャンプーをする、という順番の方がいいです。(アンジーさん)
シャンプー後に塗布する場合、塗布は洗面台でクシを使って丁寧にやるので、一度お風呂から出て服を来なくてはいけない為、とても面倒でした。(アンジーさん)

落ち着いたダークブラウンを希望する方は注意

ダークブラウンを使用した2人とも「思ったより明るめなダークブラウン」「想像以上に赤みがかったダークブラウン」だと感じ、きれいに染まったものの色味について、不満が残ったようです。

頭頂部の白髪 思ったよりやや明るい

前髪生え際の白髪 やや赤みを帯びている

好みの問題でもあると思いますが、注意が必要です。

全体的に持続性がもう少しほしいといった声がありますが、5分~10分という放置時間の短さからはしっかり染まる点がとても評価が高く、良い評価となっています。

公式サイトへ

※現状と異なる場合がございます。
最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。

染め上がりの美しさ4.3

初回しっかり染め上がるまでの使用回数公式サイト:初めの3回は10分で連続使用
今回のレビュー:初回はやはり3~4回連続がおすすめ
使用した色ダークブラウン2人・ブラック1人

放置時間が短い割に、しっかり染まる

3人に共通しているのが、5分という短時間で思った以上にしっかり染まったという高い評価でした。

しっかりと染め上げることを考えると、初回は3回連続がおすすめのようですが、白髪が少ない方は1回でも十分では?といった感想も。

初回使用“前” その1 まよまよさん

初回使用“後” その1 まよまよさん

初回使用“前” その2 バカラさん

初回使用“後” その2 バカラさん

しっかり染まる点は評価が高かったのですが、ダークブラウンを使用した2人からは「色味が思ったよりも明るい」「想像よりも赤みがかかった色だった」と少し不満の声がありました。

選んだ色はダークブラウンですが、染め上がりの色はライトブラウンに近い明るい色。地毛との色の差が大きかったです。(まよまよさん)

初回使用“前” まよまよさん

初回使用“後” まよまよさん

他のカラートリートメントと比較しても、赤味はかなり強いと思います。(アンジーさん)

初回使用“前” アンジーさん

初回使用“後” アンジーさん

ブラックを選んだレビューアーさんからはとても色味が良いとの感想がありました。

染めたあとの色の発色が自然でとても良いと思いました。ブラックの色に重いマット感が無く、使用後の髪に程良いツヤもあります。(バカラさん)

初回使用“前” バカラさん

初回使用“後” バカラさん

落ち着いたダークブラウンを希望している方は注意が必要かもしれません。

持続性・色持ち3.6

色落ちが気になり始めた頃3日~6日
推奨する利用期間人により3日に1回

意見は割れたが、色落ちは早いほう

アンジーさんについては、思ったよりも色の持続性はあるとの感想でその他2人と意見が割れました。色持ちについては全員意見が一致することが多いので、珍しいケースです。

「2~3日に1回」の頻度で使うのが良さそう

他2人については、しっかり白髪を隠したい方であれば、「2~3日に1回」の頻度で使うのが良さそうと一致しています。

また、公式サイトでも、「2~3日に1回の使用する方が多い」とのことなので、早ければ「2~3日に1回」を想定の上、使用すると良いでしょう。

使用方法が至極簡便で洗髪のルーティーンに組み込めるので、私の場合は2~3日おきでも全く負担に感じません。(まよまよさん)

シャンプー後の使用が不便に感じなければ、まよまよさんのように使用頻度が多くても負担には感じないかもしれません。

逆に、バカラさんにように1回の時間の短さよりも、回数の少なさを優先させたい方には不向きかもしれません。

5分できれいに染まる点には魅かれますが、回数が増えるようなら結局同じです。染まり具合の素晴らしさと同様に、色の持続性がもう少しあれば良いなと感じました。(バカラさん)

その方の好みによるかと思いますが、使用頻度が多い分、費用も高くなるケースもあるので、その点は注意です。

整髪料を使う方は注意

説明書にもあるようですが、ワックスやムースなどの整髪料を使用すると、使用しないときに比べて極端に色落ちが早まるようです。

整髪料をよく使用する方は注意しましょう。

公式サイトへ

※現状と異なる場合がございます。
最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。

髪へのプラス効果・ツヤ4.3

刺激はなし。トリートメント効果は人により実感

刺激やかゆみ・感想などは3人全員が感じることはなかったようです。

このDHCの白髪染めトリートメントは、「Q10クイックカラートリートメント」と商品名にある通り、髪や地肌のうるおいを守り、しなやかな毛髪にするコエンザイムQ10、その他コラーゲンやヒアルロン酸が配合されていることも売りになっています。

3人中1人 まよまよさんはQ10効果はあまり実感できなかったようです。

トリートメント効果への期待はとても大きかったのですが、それほどの効果は実感できませんでした。(まよまよさん)

ただし、3人中2人は、トリートメント効果をしっかり実感できたとのこと。当サイトにてさまざまな白髪染めトリートメントを使用してきましたが、意外にトリートメント効果を実感できた商品は少ないのです。

シャンプー前の使用の場合、シャンプーにて洗い流すことになるので、シャンプー後の使用といった点もトリートメント効果を残しているのかもしれません。

髪がとてもしっとり滑らかな感じになり、指通りもとても良かったです。(アンジーさん)
表面だけツヤツヤにするのと違い、深部まで浸透している感じです。(アンジーさん)
使用後の髪のまとまりも非常に良かったです。(バカラさん)

トリートメント効果を重視する方は一度使ってみても良いかもしれません。

使いやすさ4.4

塗布するタイミングシャンプー後+タオルドライ+5~10分

手順のステップ詳細

1 10分 シャンプーしてタオルで水気を軽く拭く
2 5分 濡れた髪にトリートメントを塗って、ラップを巻き、保温キャップをする
3 5分 そのまま放置する
4 5分 お湯で色が出なくなるまですすぎ、タオルで拭く
5 10分 ドライヤーで乾かす

容器が非常に使いやすく、5〜10分の手軽さが好評

3人とも全員一致で高く評価していたのは容器の使いやすさでした。

中身が少なくなった時にクリームをギュッと絞り出すことが出来る(まよまよさん)
ペーストを出す時に飛び散ることもありませんでした。(アンジーさん)
チューブもやわらかめで片手でも絞りやすいです。(バカラさん)
中身が少なくなればハサミで切って使い切れます。(まよまよさん)

シャンプー後の手順は賛否

ほとんどの白髪染めトリートメントは「シャンプー前の乾いた髪に塗布」か「シャンプー後の濡れた」かどちらも使用できるケースが多いのですが、このDHCの白髪染めトリートメントはシャンプー後の濡れた髪に限定されています。

これを使いやすいと感じるかはその方の好みにもよりそうです。

シャンプー後の場合、以下のような感想が出てきました。

乾いた髪に使用するタイプよりも、トリートメント剤を全体に伸ばしやすく、私は好きです。(バカラさん)
使用方法は普通の洗い流すトリートメント剤とほぼ変わらず、手軽に感じる。(まよまよさん)

上記のように、便利と感じる方もいれば、反対にシャンプー後がやりづらいと感じる方も。

色水がすすいだ後も結構出るので、使用後、ゆっくり湯船に浸かると、いつの間にか色水が滴っていて慌てる。(アンジーさん)
浴室の外にある鏡を見て丁寧に塗布したい。そのため、シャンプー後、浴室から出る必要があり、とても不便だった(アンジーさん)

素手での使用は他の商品同様、おすすめしない

公式サイトでは「手袋は不要。気になる方は使用してください」とありますが、この商品に限らず、白髪染めトリートメントを使用する際は手袋の着用をおすすめします。

着色が早い分、手についたら落ちづらいです。特に爪の間は、1日くらい色が残ります。

公式サイトへ

※現状と異なる場合がございます。
最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。

コスパ4.3

一商品で使える期間ショートなら1ヶ月1本は持つ。長いと1ヶ月2本換算
1ヶ月の推定予算平均3,086円 1,642~5,477円

ショートなら、月2,000円以下、ロングなら5,000円以上

通常の白髪染めトリートメントは1本200gの商品が多い中、235gと少し多めの容量。

定期便利用で1本2,738円の場合、ショートカットの2人は月1本で少し余りがでるため、月2,000円以内でおさまりそうといった感想でした。

1人ロングのまよまよさんからは、ロングで常に白髪を隠したいなら1ヶ月2本必要かもしれないとのこと。その場合、少し割高に感じるといった感想でした。

ロングのまよまよさん 月5,477円

ボブのアンジーさん 月2,158円

ショートのバカラさん 月1,642円

定期便を利用し、かつ2本まとめ買いし送料無料にしても1ヶ月5,000円オーバーしてしまい、ちょっと高いかな、という印象です。(まよまよさん)

編集部から見ると、通販系白髪染めトリートメントの中では、高すぎない価格設定という印象です。

香り5.0

香りみずみずしく爽やかなフレッシュハーバルの香り  ベルガモットやオレンジといった柑橘系に、ユーカリ、ミント、ローズマリー、セージ、ローレルなどのハーブの香りを、天然アロマ100%でブレンド

3人全員がお気に入りの香り

無香を好む方、少し華やかな香りを好む方と様々な方がいらっしゃる中で、3人全員が5点満点の商品はなかなかありません。今回は珍しいパターンです。

ベルガモットやオレンジといった柑橘系に、ユーカリ、ミント、ローズマリー、セージ、ローレルなどのハーブの香りを、天然アロマ100%でブレンドされています。

ハーブ系の爽やかな香りでリラックスできます。夏におすすめの香り。個性的ではありませんが、好き嫌いのない香りです。(まよまよさん)
髪をすすぐまでの間もずっと素敵な香りに包まれ、アロマの癒しになりました。今まで使用した白髪染めトリートメントの中で、香りの良さは一番だと思います。(アンジーさん)
白髪染めトリートメントを塗って放置している最中も気分良くいられます。(バカラさん)

爽やかで上品、きつすぎず、大変高い評価でした。

おすすめできる人・できない人

おすすめな人

  • 色持ちが早くても、毎回気軽に使いたい人
    色落ちは早いほうです。回数は多くとも、その代わり5~10分と非常に手軽なので、気軽に使いたい人におすすめです。
  • トリートメント効果も求めている人
    意見は少し割れましたが、3人中2人がトリートメント効果を実感しています。白髪染めトリートメントの中では高い評価です。

おすすめできない人

  • シャンプー前に塗布したい人
    シャンプー後の濡れた髪への塗布が必須です。シャンプー前に塗布し、家事をしながら放置といった流れで使いたい方には不向きです。
  • 落ち着いたダークブランを希望する人
    ダークブランが赤みの強い明るめなダークブラウンです。
  • 整髪料を使用する人
    オフィシャルにも推奨されていませんが、整髪料を使用した際の色落ちが予想外に激しかったようです。
  • 銭湯や汗を大量にかく頻度が高い人
    色水がかなり出ます。使用した翌日以降も出るケースもあったので、銭湯に行ったり、大量に頭から汗をかく人は洋服が汚れてしまう可能性も。

公式サイトへ

※現状と異なる場合がございます。
最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。

DHC Q10クイックカラートリートメント

item-dhc_goods

価格2,883円(税込)+送料 500円
容量235g
人気の色ダークブラウン
申込URLhttps://www.dhc.co.jp/

メーカー情報

当記事は商品のリサーチを行なった2017年12月時点の情報です。
最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

価格

通常価格 2,883円(税込)
安く購入 2,738円(税込)定期購入の場合

>> 詳細はこちら

容量
235g
染まりやすい使い方
※メーカー推奨
シャンプー後+タオルドライ+5~10分
使用頻度 目安
使い始め3回は10分で連続使用
定着後、2~3日に1回ペース
カラー

3色
  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
香り
みずみずしく爽やかなフレッシュハーバルの香り
ベルガモットやオレンジといった柑橘系に、ユーカリ、ミント、ローズマリー、セージ、ローレルなどのハーブの香りを、天然アロマ100%でブレンド
ジアミン
ジアミンは含まれていない
pH
非公開
手袋の必要性
手や爪の間に色が入っても、すぐに石けんで洗い流せば落ちますが、気になる場合は別売の手袋を着用して使用。
販売会社
DHC
成分

成分一覧はこちら

  • 水添ナタネ油アルコール
  • ミリスチルアルコール
  • BG
  • グリセリン
  • ソルビトール
  • オリーブ果実油
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • 尿素
  • ステアルトリモニウムブロミド
  • ユビキノン
  • 乳酸
  • 炭酸水素アンモニウム
  • 加水分解シルク
  • 水溶性コラーゲン
  • ヒアルロン酸Na
  • ヒドロキシプロピルキトサン
  • ゼイン
  • ポリ-ε-リシン
  • グリシン
  • ユーカリ葉油
  • オレンジ油
  • セイヨウアカマツ葉油
  • ローズマリー葉油
  • ニオイテンジクアオイ油
  • ベルガモット果実油
  • セイヨウハッカ油
  • ローレル油
  • セージ油
  • イランイラン花油
  • リン脂質
  • スフィンゴ脂質
  • エチルヘキシルグリセリン
  • ポリクオタニウム-48
  • ステアリン酸グリセリル
  • ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸
  • ステアリン酸
  • ロジン酸)ジペンタエリスリチル
  • DPG
  • イソプロパノール
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン
  • エタノール
  • フェノキシエタノール
  • (+/-)HC黄4
  • HC黄2
  • HC青2
  • 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
  • 塩基性青99
  • 塩基性赤76
  • 塩基性茶16

その他の商品情報を見る

Pocket